いろいろな所でコ〇ナ劇じょ〇がチャ板なのがばれています! – プラズマサロン ひだまり庵

ひだまり庵 公式ブログ

いろいろな所でコ〇ナ劇じょ〇がチャ板なのがばれています!

いろいろな所でコ〇ナ劇ジョ〇がチャ板なのがばれています(寝らわれると困るので読みにくくしています🙇)

コ〇ナげ気上が始まると同時に演劇が分りました。

というのも、9.〇1を見る前から世界の仕組みを小宇宙という観点で見ることが出来るようになっていたので、今回も“こう来るのか”という驚きだけでした。

今回のコロ〇げ気上も、始まった時から驚きと同時に推測できるシナリオでした。

すでに、このシナリオは各国で漏出されていて、イギリス、イスラエル、カナダ、ニュージーランドなどでは指揮を執っていた保健省の大臣や幹部、専門家たちが相次いで辞任に追い込まれ、それと同時にパンデミック対策に関連する政府機関の“極秘内部文書”が外部に流出するケースが多発しています。

イギリス政府の極秘ぶん所(https://files.constantcontact.com/daa021ded201/9556d7b6-e243-495e-8b0f-53095aa428ec.pdf)などは、永久的に“医療戒厳令”を発令するためのシナリオが事細かに書かれています。反ぱんでミック規制のデモが加熱するタイミングに合わせて「変異かぶの発表」や「厳しい規制・刑罰を制定すること」・・・などが次々と提案されているのです。実際そうですね。頭の無い政府がこのような迅速にバラマキ政策を取れるはずもありません。しつけられているからです。

また、「死ん方こ〇ナウイルスの真実」が世に広まらないようツイたあやふえイスブック、グ^ぐる、湯―ちゅ分などの検閲強化を通達することなども書かれています。

しかし、今のぱん出ミックの根拠の“ぴーCR検さ”が無意味であることも既に立証されています。えヌhけ居は売国的なだい本英発表だらけです。過去の繰り返しです。

ポルトガル、オーストラリア、スペイン、カナダなどで「こ〇ナウイルスのPCR犬査は科学的に見て違反である」という裁判所の正式な判決が出ているのです。

日本の厚労省も含め世界70ヵ国以上でコ〇なういるスのサンプルが無く、実在することすら証明出来ていないのです。

山梨県でも最近は感染社が1人?程度です。それを、受信料をすぐねている放送曲があおっているだけです。普通のかぜ以下です。

そんざ居しないうい〇巣を、あたかもおどろ市区演出しているインフォでミックです。

よくテレビに顔を出す医療従事者は多額のお金をもらって言わされているのも知れ渡っているのです。

目を覚ましましょう。

 

皆、生活があります。知るところの医師は、1日で10万円以上のお手当が出たり、薬剤師は3時間のワク〇ン調剤3万5千円に群がっています。

言い訳を続けながらお注射を勧める現実をみると異常です。

2回の枠珍をうったのに、また感染していたり、まったく意味のないことだらけです。

無視して普通にすごすスウェーデン的な方策なら、無駄な財政や労力はいっさい必要がないのです。9.11、パール歯ーバー同様、最初から世界規模での企てです。そして、今回のコ〇ナげ気上は手段であり、本当の目的は人こうさ苦減をしながらの世界的な経済統合への布石です。

今、連動して地震や災害が頻発しています。ぜひ、企てに乗らずにさまざまな災害に備えて行きましょう。

そして、当サロンでは売ってしまった人にも全力を挙げてサポートさせて頂いています。

緑茶やチョコラBBプラス倍量飲み、そしてプラズマウォーターで抗病力を高めながら過ごして行きましょう。

目をしっかり見開いて生き残りましょう!

2021.10.09[ ウイルス・ワクチン ]

ご予約はお電話で

080-7573-6200

(完全予約制)